サービス業務例について(国際税務・税務調査対応)

当事務所のサービスは専門的な内容が多いため、分かりやすいように、よくあるニーズやご契約例を下記に記載しました。

基本的には八幡谷税理士が対応するため、ご契約順のサービス提供となりますが、申告業務や移転価格文書化など作業的なサービスについては提携税理士さんとの共同作業とさせていただくケースがあります。

 

(企業のニーズ)

・顧問税理士が国際税務に十分対応できないので、更新の機会に新しい税理士に交替を考えている

・大手税理士法人に税務相談業務を依頼しているが、はっきりとした回答がなく、判断に困るケースが多い。また、担当者の交替が頻繁に行われるため、企業のビジネスモデルを十分に考慮した、税務アドバイスを受けたい

・税務調査で寄附金に関する指摘(海外子会社への支援)を受け対応に困っているため、適切な主張をサポートするためのアドバイスを受けたい。または追徴課税を受けたので、次回の税務調査に向けて対応をしっかりと準備するためのサポートが欲しい

 

(ご契約例)

○国際税務の相談対応例(連結売上高(目安):数十億円~数千億円、海外子会社を複数保有)

  相談回数は、月1案件程度。国際税務の論点について、企業内で基本的な検討は行えるが、税務調査でのリスク大小・効果的な説明方法等をピンポイントでご支援を受けたいケース。【月額10万円~】

○国際税務の相談対応例:(上場及びその子会社:連結売上高(目安)1002,000億円)

相談回数は、月1案件程度。国際税務の論点のみならず、国内税務についても支援を受けたいケース。決算時の税務申告書チェックも含めて【月額20万円~】

○国際税務の相談対応例:(スポット業務)

 海外子会社に対する出張支援に関する寄附金課税に対する対応・出向者に関する較差補填の問題など、税務調査で課税を受けると多額の追徴課税を受けるリスクが高いテーマについて、まずは備えておきたいとお考えの企業様向け。タイムチャージ方式にて、ご支援。【時間単価@3万円】

 寄附金対応パッケージ等による、プロジェクトベースでの対応例もあり

税務調査対応例:(規模等不問:個人~大法人まで)

 税務調査で国税から指摘を受けた際の反論のお手伝い、国際税務のテーマでの思いがけない課税など既存の顧問税理士さんでは対応できないケースにおいて、ご支援を受けたいケース。【時間単価@3万円】

 ※顧問契約いただいている企業様向けに割引単価、もしくは成功報酬によるご支援も場合によっては対応可能。

○社内セミナーの講師

 国際税務の基本的な論点に関する問題について、既存のセミナー資料により半日程度ご説明。その際、企業様がお持ちの個別論点について、実践的な対応方法等を解説しながら、関係部署の方々に解説いたします。税務担当者のみならず、海外事業に関連する方々へ幅広く税務の基本的知識を周知させたいケースに有用。【時間単価@5~⒑万円】

 


コメントを残す